クラウドの設置方法による分類

クラウドは配備方法により、4つに分類することができます。

クラウドは操作するコンピューターと処理するコンピューターを分け、処理するコンピューターのほうを遠隔地に配置するというものでした。

amazonクラウド情報ならこちらのサイトです。

遠隔地といっても、操作するコンピューターから見て遠隔地ということで、実際には操作するコンピューターの隣の部屋にあることも考えられます。

クラウドでは処理するコンピューターを実際にどこに配備するかよりも、どのような利用のために配備するかが問われます。

配備方法にはプライベートとコミュニティ、パブリックとハイブリッドにわけられます。

プライベートクラウドとは、世界の動向として、クラウドは遠隔地にある巨大なデータセンターで情報処理されているというイメージが先行しますが、技術的な仕組みをごく小さな規模で実現することも可能です。

たとえば、企業グループ内だけで使うものや学校運営するモノなどが該当します。

このように特定の人だけが内輪で使用するものをプライベートと区分しています。

これはイントラネットといわれてきた小規模ネットワークがサーバー仮想化技術に対応したといってもいいものです。

本当のYahoo!ニュース関する情報選びに役立つ情報をまとめています。

また、コミュニティは、複数の限定された企業や団体が利用するものをさし、パブリックは不特定多数の人や各種の企業の人が利用するサービスです。

そして、ハイブリッドとは、プライベートとコミュニティー、パブリックの3つを組み合わせたもので、どれにも属さない形のものがハイブリッドといわれています。